2013年7月7日日曜日

就任・按手式

「 これは、この教会が神さまの前に、
私たち二人を牧師とし、その働きを委託する式です。 
バプテスト教会の牧師は、試験や資格によってなるものではありません。
教会がその職務を委託した時から、その働きが始まるのです。
この式は、教会員一人一人が牧師と共に力を合わせて、
教会を担っていくという決意を神の前に表して、祈りを合わせるものです。
皆さんと共に、イエス・キリストの宣教の働きが始められますことを心より感謝致します。
教会の働きを導き、実現して下さる神さまに信頼し、共に祈って進んで参りましょう。 」
(週報 『牧師室から』 より)
 
 
教会役員が両牧師に手を置いて、
そこから会衆につながり、
皆で手をつないで輪になって
一緒に祈りました。